不動産投資の知識

サラリーマン大家の便利グッズ

以前にも書いたことがあるのですが、サラリーマン大家にとって、とっても役立つものがあります。

まずは応援クリック→人気ブログランキングへ

それは、電子錠です!!なにしろ、鍵にまつわる不便さをほとんど解消してくれるのです。まず、お部屋が空いた時に鍵は合い鍵含め一旦、全部持ち帰ることができます。原状回復のリフォームの時も仲介の不動産屋さんが内見で回られる時でも、共通の暗証番号だけでお部屋の出入りができます。なので鍵の受け渡しや現地のキー保管ボックス等での管理が必要なくなります。

普通のシリンダーキーよりお値段は高いですが、鍵交換をする必要がなくなる分、入居者が2回転ぐらいすればペイできその後鍵交換代がかからなくなります。そしてなんと言っても内見時の印象が違います。ピロピロと音がなってカチャっと開くのですが、開いた瞬間に賃貸の営業さんも内見に来られた方も「オー」っと声があがります。何度、これでお部屋が決まったか...。

なので、昨年取得した大阪の物件にも空いた部屋から順次導入をしているのです。最近はいろいろな電子錠があり、携帯電話を登録して鍵の代わりができるものまであります。ただ、一番大事なのはトラブル時です。入居者さんが深夜帰ってきて空かない時などに、フリーダイヤルで対応してもらえるものがいいです。私は楽々ロックというのを以前から使っています。

他にもたくさんメリットあります。ブログではちょっと伝えきれないので、知りたい方は右側の「問い合わせフォーム」からお問い合わせください。

そして、皆さんのクリックが心のサプリメント→人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

空室対策3

賃貸の仲介業者さんから聞くのですが最近は学生の方が社会人より希望が厳しいらしいです。希望はバス、トイレはセパレートで綺麗な部屋。。親元から初めての1人暮らしで、しかも親が家賃を払うので好き勝手な希望が出せるようです。しかし親も最近はお金がないので初期費用の礼金や敷金が少ない部屋でないと許可しないようで、築古になると家賃を下げても埋まらない部屋が多いらしいです。

神戸の物件は単身者がターゲットです。学生さんもいますが、社会人が多いですね。社会人の方が自分の収入から家賃を支払うので現実的です。家賃が安ければバス・トイレ・洗面が一緒の3点ユニットでも需要があります。

それでも、3点ユニット同士の部屋の競争は厳しく賃料が周りの部屋はかなり下がっています。そうだとしても、大規模のリノベーションなどはお金がかかりすぎるので、ちょっとした小物を使います。なんといっても効果的なのは、電子錠です。合鍵の管理も楽になりますし、内見時の第一印象がかなりよくなります。

私の場合は取り付け費込みで2万5~8千円で電子錠を取り付けていて、シリンダー上の方は鍵交換をしない事にしました。鍵交換すると7000円~1万円ぐらいしますよね。
だから、2回転ぐらいで元々かかる費用も取り戻せます。っと言うか、これで最初の印象が良くなって入居が決まる事が多いですからその効果の方がよほど高いです。1ヶ月空く事を思えば、半月分の家賃ですぐ決まった方がいいですよね。
ファミリー物件では電子錠は採用していませんが、単身向けには今は欠かせない小物です。応援クリックお願いしまーす→人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!! は必読

吉川英一さんの 億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!!―年収400万円 + 副収入でプチリッチになる を読みました。

人気ブログランキングへ←クリックお願いします。

先日お会いした吉川さんの本である、 億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!! を読みました。ホントはお会いする前に読んでおくべきたっだのですが、うかつでした。(他の本は買ってしっかり読んでいます。)本とタイトルから、お金持ちマインドの本だと勝手に想像していましたが、それだけではありませんでした。

この本は、まだ不動産投資をしていない方はもちろん、既に実践されている方にも役立つ内容になっています。日本の税率やプチリッチについての考え方がサラリーマン視点で書かれていて、しかもとても読みやすい文章になっています。そして、不動産投資がプチリッチを達成するために役立つ投資である事がわかりやすく書かれていて、実際に不動産投資をしている者にとっても、やる気にさせる一冊です。

実はこの本を読んで、今年に入ってからずっと抱いたいた不動産投資に関して疑問の答えがハッキリ理解できたのです。特に重要なのは投資に対するマインドについてです。さすが株の投資も長年に渡って実践されている吉川さんならではだと思いました。特に中古不動産に関するリスクに関する記述は重要な事がサラッと書かれていますので見落とさないようにしないといけないです。1500円で気づきができる超お買い得な書籍でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不動産登記の変更について

法務局まで不動産登記の住所変更のために行ってきました。

人気ブログランキングへ←あなたのクリックがやる気一粒。

今年引越をしたのですが、物件の登記が前の住所のままなので住所変更の手続きをしてきました。変更を必ずしないといけないという事はないようなので、物件を売る時など登記簿謄本が必要な時にすればよいとの事でしたが、次の物件取得や賃貸住まいなのでまた引っ越しするとややこしくなるようなので、変更しておこうと思いました。

司法書士さんに不動産登記の変更のお願いをするとそれなりに費用がかかると思いますが、休暇中と言う事と勉強がてら法務局に行ってみました。そしたら、相談窓口があって手取り足取り丁寧に教えてもらい意外と簡単にできました。住民票と登記簿謄本を持っていけば、専用の用紙にその場で書き方を指導してくれました。また、住民票と登記簿謄本を持っていけば本人確認をしないんですね。知りませんでした。

肝心のl住所変更の費用ですが、収入印紙で2,000円だけです。(別に住民票の取得に300円)また、当日に変更は完了しないので2日後以降にまた行かないといけません。新しい物件取得時の融資など銀行への提出で急に登記簿謄本が必要になる事を考えると事前にやっておくべきだと思いました。

また、物件を複数持っていて所在の法務局が分かれている場合はいくら2,000円でもあちこちの法務局に行くのは面倒ですよね。ただ、郵送でも変更はできるそうなのでもう一つの物件は郵便で変更してみたいと思います。

クリックお願いしまーす→人気ブログランキングへ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)