« 儲かる不動産投資とは | トップページ | リノベーションの費用対効果 »

賃料と入居率

やはり賃料のコントロールは重要です。大阪の2DKの物件で、9月末で1部屋退去が出ました。

まずは応援クリック→人気ブログランキングへ

退去された方は、昨年入居で1年半と最近では最も短い入居期間でした。退去連絡があったときに退去理由を確認したところ。。。「部屋が暗く、風通しが悪いため」という事でした。ある程度想像していた事だけにやっぱりという感じでした。

確かに、退去後の部屋に行ってみると、お昼でもかなり薄暗くて自分でもあまり住みたくないお部屋です。今回退去された方も他の部屋に比べて1万円賃料を安く設定していましたが、退去してしまいました。

根本解決しないといつまでも空室になる可能性があるので、いろいろ考えてみました。
1.部屋の間にある押入をブチ抜いて部屋の仕切をアクリルにして採光する。
2.部屋の暗さはそのままに、センスのある照明で雰囲気を良くする。
3.更に賃料を下げる

この中で、3はやりたくない選択肢なので、リフォーム屋さんと1か2で検討したいと思います。あまり時間もコストもかけていられないので早急に決めたいと思います。

応援クリックはこちら→人気ブログランキングへ

|

« 儲かる不動産投資とは | トップページ | リノベーションの費用対効果 »

空室対策」カテゴリの記事

コメント

応援クリックしておきます!
これから出来るだけ応援したいと思います。
よかったら僕の方も応援ぽちしてもらえると嬉しいです。
それでは、いきなりのコメントで失礼いたしました。

投稿: 白ポーター | 2010年10月18日 (月) 19時45分

白ポーターさま

応援クリックありがとうございます!白ポーター様のもポチッとしておきました。ハイ

投稿: bee | 2010年10月24日 (日) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1123595/37057720

この記事へのトラックバック一覧です: 賃料と入居率:

« 儲かる不動産投資とは | トップページ | リノベーションの費用対効果 »