« どんな物件を買うべきか | トップページ | 入居シーズン到来2 »

入居シーズン到来

いよいよ、シーズン真っ盛りです。大阪の物件はずーっと満室で今のところ動きがありません。やはりファミリー物件は安定しています。ただ神戸の物件は、昨年いろいろあり、、退去が数部屋ありました。そんな中で、なぜか11月頃から空室の問い合わせがピタッと止まってしまいました。そのうち年末も迫って、数部屋がなかなか入居が決まらずに年を越してしまいました。

本来は、ここで賃料を下げて入居をなんとか確保するところですが...。難しいですね。。空室を長くするより家賃を安くしても埋めた方が、良いとよく言われます。空室にしておくと、確かに稼働率となって数字に出ますので大家としての経営力がないと判断されるのも困ります。また、家賃を下げても空室期間が長くなるより、結果的な賃料収入も安定してきます。

しかし、賃料を下げると物件としての価値が下がります。同じ利回りでも、満室想定年収が下がってしまいます。仮に1億の物件で利回り10%、ワンルーム20室として、平均賃料が3,000円下がると、10%物件が9.3%になってしまいます。ただ、結局部屋が埋まらずに空室が長びいて実際の賃料収入が減り、賃料を下げることになると余計悪いのですが...。

そこでこの入居シーズンに、なんとしても満室にしていく必要があります。

つづく...応援クリックお願いしまーす→人気ブログランキングへ

|

« どんな物件を買うべきか | トップページ | 入居シーズン到来2 »

空室対策」カテゴリの記事

コメント

空室と値下げは悩ましいですね!
空室は全く家賃が入らないし
値下げは収益が落ちてしまう…
難しい判断です

投稿: りょう | 2010年2月24日 (水) 23時59分

りょうさんへ

大家たる者、このストレスに勝てなければ続けてられません。

大変ですが...

投稿: Bee | 2010年2月26日 (金) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1123595/33513724

この記事へのトラックバック一覧です: 入居シーズン到来:

« どんな物件を買うべきか | トップページ | 入居シーズン到来2 »