« 入居シーズンは退去シーズン!? | トップページ | 銀行融資用の資料作成 »

長く入居してもらうために

大家業をするには、定期的に物件を見る事は必要だと思いませんか?

人気ブログランキングへ←クリックお願いします。

自分が所有するアパマンの入居者が、快適な生活を送れているか、不満に思っている事がないか、を知る事は長く入居してもらうために大切な事です。そもそも気に入って入居を決めてくれたはずですから、急な転勤とかがなければ大家としてもずっと住んでいただきたいです。ただ、入居者は住んでいるうちに不満な点があると次第に引越を考え出します。

最近は入居時の礼金や敷金が少なくなってきていて以前のよりも、ちょっとした決断で引越が容易にできるようになってきています。物件管理は管理会社があるからすべて管理会社がやってくれる。確かにその通りですが、管理会社はたくさんの物件管理をしているために「入居者満足」まで手がまわらない場合が多いはずです。入居者との窓口業務はキッチリこなしてくれていても、退去になる理由をひとつひとつの部屋で把握するのは困難です。しかし余分な費用をかけずに長く入居してもらうためには物件の状況を大家が把握する事が不可欠だと思います。

では、大家が頻繁に物件に行って物件状況を把握する事ができるか?...なかなかできません。でも大家が行かなくても把握する方法はあります。管理会社にヒアリングする事でも当然分かりますが、他にもやり方はあります。ストレートに把握する方法としては、アンケートをとる事です。入居者が不満に思っていそうな事を聞いたりできます。

ただ、アンケートの聞き方によっては、問題がないように回答してしまったり反対に大げさに回答したりして結果を活用できない場合もあるので、質問内容に工夫が必要です。それから、アンケートを初めてやる場合には返答率は結構低いです。返信用の封筒を付けたりしましたが半分返ってくればいいぐらいでしょうか。そんな事に落胆していられません。何も情報がないよりは全然マシですから。私はこのアンケートの活用で、実は収益アップができた事もあります。

アンケートの他にも、もっと簡単に物件状況を把握する事もできます。通常物件の日常清掃は週に1回程度はやってもらっていると思います。そこで清掃業者さん(管理会社さん)にお願いして時々清掃に行った時の状況を定期的に教えてもらうのです。中には清掃報告があって、その中にそのような情報を入れてくれる業者さんもあります。清掃は毎週行く分けですから、多かれ少なかれ把握できるはずです。こちらの情報もないより、あった方が全然マシです。

長期にわたって、収益物件を安定経営していくためには状況把握は必要な事だと思います。こんな意識を忘れないようにするために私の場合は自主管理しているのですが...。
クリックお願いしまーす→人気ブログランキングへ

|

« 入居シーズンは退去シーズン!? | トップページ | 銀行融資用の資料作成 »

入居者管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1123595/31228227

この記事へのトラックバック一覧です: 長く入居してもらうために:

« 入居シーズンは退去シーズン!? | トップページ | 銀行融資用の資料作成 »