« 融資担当者の見方 | トップページ | 消防設備の点検1 »

空室リフォーム進行中

今週、大阪の物件のリフォームが行われています。家主仲間の方にリフォーム前に部屋を見ていただくつもりだったのですが、退去日が急に早くなり、その余裕もなくリフォーム業者さんにデザイン案を出してもらって即工事に入ってもらいました。

やる気の素「ブログランキング」にクリック!

そもそも、いつもなら原状回復プラスアルファで費用を安く抑えリフォームを実施しています。しかし、中長期的に空室期間を短くするリフォームを開発しておく必要があると考えました。そして、自分のイメージの外にある考え方でリフォームをして新たな風を自分に取り込みたいと思いました。(ちょっと大げさ?)

間取りは2DKですが、2部屋ある和室は一部屋を洋室にして、さらに1LDKに改造します。和室もおしゃれな演出をすることになっています。狙ったターゲットに喜んでもらえるかを早く内見してもらって確認したいところです。

今回の費用については40万円を上回る見込みです。正直なところ、今回のリフォームすべての他の部屋に展開するのは費用的に困難です。実は最初出てきた案はなんと80万円を超えるものでした(とても斬新でした)。そこで別案の提案をお願いし出てきた案も50万円を超えていました。その後、いろいろ削って何とか40万円台前半で実施することとなりました。

これに対しお願いしている業者さんからは、中途半端な削減は意味がないと叱責されてしまいました。いろいろな言葉の中に業者さんの仕事にかける情熱が伝わってきます。そして入居者の居住性を考えた提案など、見習うべきところが多いです。なので、本当に申し訳ない思いがあります。

一方で、不動産経営の立場からすると理想だけを追えないのが現実です。あくまで賃貸経営を続けることが絶対なわけです。大家としての立場と業者さんが言われている意味もよく分かるので、今後はもっと綿密に打ち合わせをして予算にあわせてどのようにリフォームすべきかをしっかりと決めていくべきであると再認識しました。(反省です。)

せっかく行った今回のリフォームは、今後に必ず生かしたいと思っています。今回のリフォームのいい部分をアレンジしたりコストダウンしたりして次回のリフォームに役立てたいと思います。そして少しずつ自主管理のノウハウとして蓄積できたらいいなと思っています。

いつものようにクリックお願いします。

|

« 融資担当者の見方 | トップページ | 消防設備の点検1 »

空室対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1123595/30559685

この記事へのトラックバック一覧です: 空室リフォーム進行中:

« 融資担当者の見方 | トップページ | 消防設備の点検1 »