« リフォームの難しさ | トップページ | 銀行から優遇金利を引き出す »

続・入居者からのクレームその後

大阪の物件で5月から新しく入居した方からパイプの臭いが気になるというクレームが入り、その後防臭キャップを付けてもまだ臭うという連絡が入りました。

ブログランキングにクリック!

その後、いつもお願いしているリフォームやさんと相談したところ、高圧洗浄するしかないという事でした。この高圧洗浄ですが、専門業者にお願いするか、いつもお願いしている業者さん自前の高圧洗浄機で洗浄する方法の2つがあるとの事でした。

コストは自前の高圧洗浄機で洗浄する方が安いとの事でしたが、専門業者の方が確実との事でした。と、言うのも、そもそも専門業者機器は配水管に入れるホースや先端部分が細く、パイプが90度に曲がっている部分でもしっかりと中まで入って洗浄できるとの事でした。

一般の高圧洗浄機でもパイプ洗浄用のホースがありますが、曲がりくねったパイプは中まで入りにくいとの事でした。そして、経年劣化したパイプの場合破損もありえるとの事で、古い物件の場合は専門業者に任せた方が良いとの事でした。

しかし今回の問題は入居者です。前も書きましたが、リフォーム時やパイプを見に行った時の業者さんの話では、パイプの臭いは気にならなかったとの事、それより飼っているペットの臭いの方がしたと言う事で入居者がパイプ臭に敏感でちょっと神経質だという事です。

そのような訳で長びかせないためにも今回は専門業者にお願いしました。そして洗浄は先週末に実施、約1週間が経過しましたが、今のところ連絡がないのでようやく一件落着といったところです。

入居者のクレームには何度も対応してきましたが、多少コストがかかってもしっかりと対応して後悔した事がありません。逆に消耗品だからと入居者さんに対処をお願いした時の方があとあと面倒な事がありました。

リフォーム業者さんは高圧洗浄まですると費用が結構かかりますよとどちらかと言えば対処に否定的でした。その考えを鵜呑みにせずに自分で判断できる経験を積めるのが自主管理のよいところでしょうか。

いつものようにランキングクリックお願いします。

|

« リフォームの難しさ | トップページ | 銀行から優遇金利を引き出す »

入居者管理」カテゴリの記事

コメント

コメントバックありがとうございます。
こっちのブログにも立ち寄って下さいね。
ではでは

投稿: Jean_Luc | 2009年6月10日 (水) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1123595/29960992

この記事へのトラックバック一覧です: 続・入居者からのクレームその後:

« リフォームの難しさ | トップページ | 銀行から優遇金利を引き出す »