« 不動産のベテラン | トップページ | 中古アパート »

ブロードバンドの導入について2

先日は、ブロードバンドの導入を収益性の向上で考えましたが、家賃を上げずに空室対策としてみた場合について考えてみたいと思います。
ブロードバンド導入によって、現在空いていてなかなか埋まらない部屋を埋めるのができたとすると収益性の向上ができないくても導入の価値有りです。昨年11月のオールアバウトの大川 克彦さん(不動産コンサルタント)の記事によると、ブロードバンドは「単身者向け人気設備」で第2位なので、まだまだ使えます。

お部屋の内見が1ヶ月に5人ぐらいあってなかなか決まらない場合は、部屋が気に入らないか家賃が高い可能性大です。それでも、数ヶ月空室を許せば決まるかもしれませんが、空けておく事は機会ロスです。部屋に問題がある場合、内装を変えてみたりする必要があるのですが、そのエリアの家賃よりやや高めに設定していてその家賃を下げたくない場合は、ブロードバンド導入によって家賃を下げずに入居者を決めたいところです。特に周辺に、似た家賃帯の賃貸が多い場合には有効だと思います。何もしないリスクはとりたくないので私は導入しました。

ただこれから先、インターネット無料が次第に当たり前になって入居の決め手になりにくくなると思います。だから早めに導入して、できれば、既存の入居者も含めて家賃アップした方がよいと思うのは私だけでしょうか?収益性が上がれば、表面利回りもアップするので既存物件の価値向上になりますから早いうちの導入の方が良いと思います。(前回のブロードバンド導入で収益性向上の話はこちら

皆さんの応援でブログランキング100位以内に入って、ますますランキングアップ中!

クリックお願いします!

|

« 不動産のベテラン | トップページ | 中古アパート »

空室対策」カテゴリの記事

コメント

ブロードバンド無料化があたりまえになる前に導入して家賃水準をあげておくというのは鋭い戦略ですね。うちは光はまだ導入していませんが地デジの導入で少しあせっています。地デジの見積もりって何であんなに高いのでしょうね。

投稿: メイヤーラバー | 2009年4月28日 (火) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1123595/29320165

この記事へのトラックバック一覧です: ブロードバンドの導入について2:

» 都営住宅 [都営住宅]
都営住宅の魅力はなんといっても格安な家賃でしょう。 都営住宅についての募集や申し込み方の説明サイトです。 [続きを読む]

受信: 2009年5月12日 (火) 19時57分

« 不動産のベテラン | トップページ | 中古アパート »