« 大家の集い | トップページ | 収益物件の動き »

物件の営業

自主管理大家にとって最もがんばらないといけないのが、空室となっている部屋の営業です。仲介業者様への営業をどのようにするかは満室経営に大きく影響するため、退去申込み直後からの営業方法を考える事が大切だと思います。もし、営業なしならせっかくのお部屋を入居希望の方にお伝えできず機会損失を拡大、空室期間が長くなります。

忙しいと、この辺が大変なので管理会社に任せざるを得ないともいえますが、自主管理家主にとっての醍醐味でもあります。なに管理会社も一部屋だけを管理している訳ではないので空室が10あれば10分の1の手間しかかけてもらえない訳です。だから、管理会社に任せていても自分の物件を最優先してもらわなければなりませんが...。

一方自主管理大家としては、自分の物件のいいところが最大限にアピールで営業をしなければなりません。正直最初は大変ですが...。先ずは内見を増やしていく事が必要です。その際、家賃の設定やリフォームについての意見を不動産屋さんにヒアリング
しながら軌道修正し、客付けしやすいと思っていただけるお部屋にする事が、最も早く空室を埋める方法だと思います。

この他にもさまざまな工夫しながら、自分の物件の特徴に合わせた営業(アピールポイント)の仕組みづくりが1度できれば、サラリーマンでも十分に自主管理できると思います。

明日も続ける力を!クリックお願いします。

|

« 大家の集い | トップページ | 収益物件の動き »

空室対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1123595/28894361

この記事へのトラックバック一覧です: 物件の営業:

« 大家の集い | トップページ | 収益物件の動き »