« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

全棟満室

ついにすべての部屋が埋まりました!先日の2DKに続いてワンルームも満室となりました。2棟目で唯一空いていた部屋が決まりました。これで、全棟が埋まり空室がなくなりました。(全棟と言っても2棟ですが...)

今回の部屋は、物件取得時に前オーナーがクリーニング済と言っていたのですが...。実際部屋を見ると部屋内部のあちこちが汚く、悪臭が立ちこめていまし たので「これじゃー、決まるものも決まらない」というのが第1印象でした。その後、洗い業者にクリーニングをやり直してもらい、におい対策を実施し、共有 部を清潔に保つようお掃除をしてきました。それでも、最初の内はホコリがどこから出てくるのか毎週掃除しても掃除していないみたいにホコリが出てくるので 困っていました。
そして、今回も7千円の家賃UP!ができました。仲介の業者様に感謝です。

実はこれからいろいろ空室対策を試していく予定をしていたのでやや拍子抜けのところもありますが、対策は次の機会までさらに練っておきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大家の緊急事態

誰にとっても、携帯電話はなくてはならないものですが、大家の場合は入居者さんや仲介業者さん、その他連絡をいろいろ取るのに欠かせない道具です。

そんな欠かせない道具を、先日自宅に忘れて仕事に出てしまいました。「しまった!」と思っても今から帰ると会社に遅れてしまう、「今日はしょうがない」と諦め、その日携帯がないまま過ごしました。

仕事を終えて帰宅、気になって携帯を見たら大変なことに...。留守番電話には30件以上伝言が入り、着信履歴には入居者さんを含め、客付け頂いた仲介会社からも着信がある。

「これは」かなり大変が起こっている!

心臓がバクバクとなり「ひょっとして火事?」とか思いながら、とにかく仲介会社さんに電話すると、なんと朝からマンションの水が出ないとの事、何度連絡し ても連絡がつかないためその仲介業者さんが現地に行ってくれて、その時点で機転を利かせて水道屋さんに来てもらうよう要請しているところでした。

車を飛ばして現地にいくと水道屋さんが作業中、そして仲介業者の店長さんが、ずっと立ち会って頂いていました。この仲介業者さんは空室に苦しんでいた時にいろいろ相談にのってもらった方でした。現地でお詫びをしつつ、今回の対応にお礼を言いました。本当に感謝!

結局、すべての設備の入れ替えをした方がよいだろうと言う判断となり、100万円もの出費となってしまいました。水道屋さんによると、ちゃんと点検をしていればすべて入れ替えることまでしなくても済んだかもしれなかったとのことでした。

ちゃんと、タンクの定期清掃はしていたのでその際にチェックしてもらっているものと思いこんでいたのですが、実際は清掃のみだったようで、その辺を確認していなかった大家の全責任です。

入居者の皆様にも各部屋を訪問してお詫びと復旧状況について説明をしました。意外にも入居者の方からのお叱りは少なかった事、仲介業者さんが、仕事もある中来て頂いたことに本当に感謝、感謝です。

そもそも携帯を忘れなければ、通常のトラブル発生時の対処通り業者に動いてもらって対処ができ、昼の間に対処方法がまとまり、ここまで緊急事態になること もありませんでした。そうは言っても今後もいつどのようなトラブルがあるか分からないため、今後万が一が起きることを想定しいつでも連絡が取れるよう、自 分に繋がる連絡網を二重三重で体制として整備しておく事がが必要だと痛感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »